参考書

「参考書をたくさん持っている人が絵がうまいかというと、そうではないからね」

専門学校の先生の言葉です。

個人的な意見としては、持っていないより持っているほうがいいに決まっています。ただ、出ているものすべて買っているような余裕がある人は少ないと思います。結局はどの本が一番自分を高めてくれるか見極めることが必要では無いでしょうか。

私が参考書を選ぶ時に気にしていることは、イラストを描いている作家さんの絵が、自分が興味の持てるようなものか、ということです。至極当然のことですが、気がつくのに結構かかりました。

最初は参考書なんだから面白くなくても仕方ないと思い込んで、あぁ「人体の描き方」は必要だろうとか「女性の描き方」とか手当たり次第買っていました(基本BOOKOFFですが)。結局のところそれらの参考書の内容は少しも吸収することが出来ませんでした。

その理由として一番大きいのは、イラストを描いている作家さんを尊敬できない、上手いと思えないということです。
自分が上手いと思っている作家さんであれば、こちらとしても受け入れる準備も出来ているので、すんなり吸収することができるように思います。参考書が無ければ画集でも十分役立つと思います。

最後に注意が必要なことは、参考書の表紙を描いている人が、中のイラストを描いているとは限りません。表紙買いには注意しましょう。

ほしい参考書があるけれど「内容がいいのか分からない」「値段が高い」等の壁があります。そんな時に役に立つのが図書館。デッサン・パース・そしてアニメーション関連の図書は非常に多いです。

たとえ求める本が無かったとしても、リクエストすれば他図書館から取り寄せるか購入をしてくれます(通常の書店に並ぶような本ならほぼ大丈夫かと)。とりあえず借りてみて、内容を確認した上で、それでも常に手元に置いておきたいほどの内容であれば購入を検討してみてもいいのではないでしょうか。

今までに私が借りた本をすべて定価で買っていたら、普通に車が買えるのでは・・・って程です。払っている税金分は活用しちゃいましょう。