用紙の種類

アニメーションの作画セクションで主に使用される用紙は、タイムシート・レイアウト用紙・各種修正用紙・原画用紙・動画用紙です。

使用する順を追って説明いたします。

タイムシート

撮影するタイミングや、特殊効果を指示する用紙です。レイアウトとタイムシートを合わせて、画面の設計図となります。 

レイアウト用紙

第一原画担当者が、画面構成(キャラの表情・芝居、背景、カメラ操作)を表すのに使用する用紙です。特徴としては、完成画面や今後の作業に用いられる枠が印刷されています。

演出による修正用紙

レイアウト内容を確認し、修正する箇所を指示する用紙。私が経験した中では「赤色」が多く、指示しなくてはいけないので、絵の他に文章による解説が書き込まれている場合が多いです。アニメーターの作業で文章を見る事は少ないので、異様に目立つ用紙です。

作画監督修正用紙 一回目

作画監督が演出の修正指示を汲み取り、レイアウト全体に対して修正を入れます。色はほぼ「黄色」と思っていいと思います。この時点で、放送される画面の大部分が決定されます。その役割の重要さから、レイアウトを重点的に担当する、レイアウト作画監督を立てる作品もあります。

総作画監督修正用紙

総作画監督対象カット等の場合は、総作画監督が作画監督の修正の上から、総作画監督修正用紙を使用して修正します、色は様々です。

原画用紙

白紙です。第一原画担当者、または第二原画担当者が、レイアウト用紙・演出による指示用紙・作画監督修正用紙を使用して、原画を描きます。
(原画が制作された時点で、原画との用紙混同を避けるためレイアウト作業に使用された用紙はホッチキスでまとめられたりします。丁寧なところだとタップ穴に紙を巻いたり、レイアウト用紙全体を作画用紙2枚でくるんでまとめる場合も。)

作画監督修正用紙 2回目

レイアウト修正時と同じ用紙です。作成された原画に対して修正を入れます。

動画用紙

白紙です。原画用紙と比べて厚みがあって、エンピツの線がハッキリと乗りやすいようになっています。