何を描くか悩む

「何も浮ばない奴は自分の手を描け」

専門学校の最初の授業で、好きなものを描くという課題がありました。その頃の私は絵をほとんど描いたことが無く、自信も無かったので手は全く進みません。同級生の中でも考え込む人が結構いたらしく、そんな状態を見かねた先生が言った言葉です。

その時に「あぁ好きに描くってそういうことか」と納得しました。

絵を描くことが不足している状態で悩んでもしょうがない、とにかく手を動かしてまずは絵を描こうと思い、それからは描くことに悩むことは少なくなりました。

今でも何か描こうと思った時は、身近にあるものを描きながら考えます。それは手でもジュースの缶でもマウスでもいいわけで、その手当たり次第に描いたモノのイメージを膨らませて、イラストに生かしたりもできます。「絵を描きたいけど、何を描こう・・・」と悩む人は、とりあえず自分の周りにあるものを、片っ端から描いてみるのもよいと思います。