二原(第二原画)やってみようか

動画作業にやっと慣れて、毎月一定の枚数をこなせるようになってきた頃に、声をかけられます。二原(第二原画)やってみようか。

ひと通り二原作業の説明を受けて、最初だしと枚数の少ない数カットを渡されました。

一瞬嬉しい気持ちもあるんですが、すぐに不安な気持ちの方が勝ります。そして不安だけになります。

まず線が引けない。

今まで使ってきた動画用の線はNGです。なぜなら動画の線はトレスが難しいとのこと。じゃあトレスしやすい線とはどんなだったっけ。今までどんな線をトレスしてきただろうか考える。

複数枚あるラフ原のうち、一枚のみに修正が入っていて、 他は合わせで の指示。これに関しては、修正とその先のラフ原をパタパタすると角度を変えた完成形もなんとなく見えて来た。動画作業が役に立った!頑張って良かった。

他には、とにかく自分の裁量に任される部分が動画より多くて、迷う、迷う、迷う。影を追加したり、動画で難しくなりそうなところは参考を入れたり。

最初に動画を経験した時と同じ、今いくら描き直そうと、実力はそんな簡単には変わらない。スケジュールもあるので、いろいろ足りないのは分かっていても、なんとか形にして重い足取りでチェックへ向かいます。

動画でちょっと自信がついてきていた分、ここで一回折れます。あー全然ダメなんだな、自分は下手なままだと。動画をやってると自分が絵が少し上手くなった錯覚に陥るみたい。

特に怒られたりしたわけではないですか1人で勝手に沈みました。

でも、最初の作業が終わっての帰り道なんかはじわじわ嬉しくなって来るものです。これまでの仕事が評価されて、ひとつステップアップ出来たんですから。

新しい作業は、怖いし、自分のできなさ加減に落ち込むけこともあるけど、まだ面白い部分が見えてないだけだと思い、気にせず反復練習に励みましょう。

▼おすすめの動画です