忍者ブログ

アニメーターになるには、アニメを制作するには。

アニメの制作に携わりたい、けれどアニメーターになるにはどうしたらいいのか。体験談を交えながら紹介します。

トップ > 仕事 > 作画の役職について

作画の役職について

アニメーションは静止画の連続です。
その素材となる静止画を作成して、切り替えるタイミングを指定するのが作画の仕事です。

少しそっけない感じの説明になっていますが。書こうと思うと、それぞれの役職ごとで記事が書けてしまうような内容なので、ここではできるだけ短くまとめました。

監督
製作現場を統括する責任者
つまりはどの作業にも関わる事ができる

絵コンテ
脚本をアニメにするために、作品全体の設計図を描く

演出
絵コンテをの意図を汲み取り、
画面を作り上げるための指示を各所に伝える

キャラクターデザイナー
オリジナルのキャラクターを生み出す。
既存のキャラクターをアニメ用にデザインする。

総作画監督
シリーズでの絵柄の統一

作画監督
1話単位で絵柄の統一

原画(レイアウト)
絵コンテを元にカットごとの設計図を描く

原画(第二原画)
演出や作画監督からの指示を反映させて、
レイアウトを元に原画を描く

動画
原画と原画の間を埋める絵を描き、動きを滑らかにする


関連ページ
作画の工程
用紙の種類


前のページに戻る
トップページ

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

シェアボタン

記事が役に立ちましたら、
よろしければシェアをお願いします。

プロフィール

名前:
エンピツ

にほんブログ村 アニメブログ アニメーターへ

フリーエリア

PR