最初の絵の練習法

「絵が上手くなりたい。でも何からはじめたらいいのか分からない」「絵を描くのは好きなはずなのに毎日の練習を続けられない」

これはそんなふうに思っている人が、一歩踏み出すきっかけになればと思い書きました。

まず、絵の練習を続けるために必要なのは「達成感」を得ることです。そして達成感を得るには「実力以上の絵」を描ければいいのです。

現在の自分の画力を「1」とします。自分の頭の中で思ったまま無造作に描いたものは「1」の出来です。それは実力の範囲を超えないので達成感は感じません。頑張ってもこの程度なのか、練習しても上手くならないのではないかなどと思うと、翌日も続ける意欲がわきません。

では、実力以上の絵を描くには何をすればいいのか。いちばん容易なのは「実物を見て真似る」ことです。そしてただ真似るのではなく、自分で考える部分も残しておきます。自分の好きなもの、目標とするものを織り交ぜるのも効果的です。

例1)
好きな芸能人の写真集と尊敬する絵師さんの線画を用意。写真を選び尊敬する絵師さんのタッチに似せて描きます。 

例2)
ポーズ集(実写)と好きなキャラクターの線画を用意。ポーズを選んで、そのポーズをしているキャラクターを描きます。 
※頭や体の比率はリアルにしないでキャラクターに合わせる。

※実際に書店等で中身を確認して描きたいと思えるものを購入してください。画材店とかだと中が見れるように包まれてはいない所が多いです。

上記の練習で期待できる能力の向上・リアルの素材をデフォルメできる力がつく・様々なポーズを描けるようになる・尊敬する絵師さんの技術を知る・好きなキャラクターの描きかたが分かる

最初は一枚描くのに時間がかかるかもしれませんが、想像(現状の実力)だけで描くより必ずいい絵が描けます。そして続けていると、いつの間にか何も見ないで描ける絵の画力が「2」になっています。

そうしたら、もう少し自分が関与できる部分を増やします。例えばポーズをありものでなく自分で作る。でもそらで描いていてもまだ上手くは描けません。そんな時期に便利なのがデッサン人形。可動するフィギュアとかでもいいです。

自分で作ったポーズを上手く描けるようになったら、次は・・・。あとは自然と次に練習すべきものや目標が見えてくるはずです。絵が好きなのに練習が続かないなんて、何を言っているんだと思われる方もいると思うのですが、好きだからこそ、自分の絵が上手く描けないとショックなのです。 

試行錯誤していた頃の私は、自分の至らない絵をわざわざ知り合いに見せていました。もっと練習して上手くなれば恥ずかしく思うこともないんだと、自分を脅して描かせていたようなところもあります。その時期の自分に言ってやりたいです「今はただ真似るんだ」と。