忍者ブログ

アニメーターになるには、アニメを制作するには。

アニメの制作に携わりたい、けれどアニメーターになるにはどうしたらいいのか。体験談を交えながら紹介します。

トップ > 雑談 > 一周年

一周年

アニメーターとして働き出してから、早くも1年たってしまいました。最近は二原とかも少しずつやっています。
買い集めていた原画集等も若干、役に立たせることが出来るようになり、胸をなでおろしています。

今までの経験を振り返ってみると、動画や二原には必ずしも絵がかけなければ出来ない仕事ではないように思いました(その場合、高いクォリティは望めませんが。)。
もともと描かれているものの角度を変えたり、間を割ったりすることは、やはり0から描くことの練習にはならないのではないかと思います。

ただ仕事をこなすだけでなく、0から描くことも忘れてはいけないなと思い返す今日この頃です。
さー二年目も頑張りますかぁ。


前のページに戻る
トップページ

コメント

1. 初めまして

アニメーターで検索していて、辿り着きました。面白く拝見させて頂きました。私も、小さい頃はアニメーターに憧れていたので、そんなお仕事が出来る方は、本当にプロだと思います★

2. re:

講座さん、初めまして。

未熟者の拙い文章ですが、楽しんでいただければ幸いです。

3. 無題

初めまして、「アニメーターになるには」で検索してこちらにたどりつきました。
当方は現在フツーの大学三年生、漫画家を夢見て毎日絵を描いてきましたが、今更になってアニメーションという世界にも興味を持ち始めました。
絵はそこそこかけるつもりですが、やはりアニメータとして就職活動するには動画をつくる技能や、アニメーターならではの専門知識も必要なのでしょうか?
勿論アニメータであるからには動画作れなきゃならないとは思いますが、就職活動をする時点でどの程度の能力が必要とされているのかわからず、不安です。

4. re:

tsubameさん、初めまして。

ご質問に関してですが、動画や専門知識は知っているに越したことはありませんが、知らなければ就職できないというわけではありません。

どこの会社でも入社後に研修期間があります。その期間でに専門知識・動画に関してある程度はに身に付きます。

まれに動画試験を設定している会社はありますが、その時点で専門学校卒を希望していると考えてよいです。

入りたい会社により今後の対応を考えていくのが良いと思います。

個人的な意見としては、就職するまでは、動画を割ることを勉強するより、原画、というか一枚絵のクォリティを上げる事に専念したほうが良いと思います。結果その能力が動画のクォリティも上げることとなるはずです。

自分も未熟なもので、断定するような回答はできませんが、少しでも参考になれば嬉しいです。
頑張ってください。応援しています。

5. はじめまして

はじめまして
アニメーターを志す者でございます。

一周年おめでとうございます。

記事は全てに目を通させて頂きました。 どの記事もとても勉強になるものばかりでした。

多忙のことと知りながら大変厚かましいようでございますが、

エンピツ様が思う、このアニメ業界の作画の採用基準といいますか、画力の水準についてを具体的に記事にしてはいただけませんか?

勿論期限は問いません。
いつかでけっこうでございます。

これからも頑張って下さい。

6. RE:

TREE さん、コメントありがとうございます。

 ご質問に関してですが、作画の採用基準につきましては、業界に一定の基準があるようには思えません。会社・スタジオごとの独立した判断によるので、絵を描いたこともないような状態でも、採用されるところもあれば、絵が上手くても、会社の方針に合わないという理由で断られる所もあります。
 
 業界で見るのではなく、自分の希望の会社を見つけて、その会社の採用基準、方針を自分で調べるか、それとなく問い合わせる等が良いのではないかと思います。

 私は会社ごとの採用基準や、方針を把握は出来ていないので、細かくお答えすることが出来ないのは心苦しいですが、このようなことは、自身で調べて、理解しようとしないことには意味を成しませんので、ご理解いただければと思います。

 今、自分が好きなアニメを、なぜ好きになったのか、よくよく考えてみるとそこに会社側が伝えたいこと、表現したいことの答えがあるかもしれません。

 頑張ってください。応援しています。

ただいまコメントを受けつけておりません。

シェアボタン

記事が役に立ちましたら、
よろしければシェアをお願いします。

プロフィール

名前:
エンピツ

にほんブログ村 アニメブログ アニメーターへ

フリーエリア

PR