忍者ブログ

アニメーターになるには、アニメを制作するには。

アニメの制作に携わりたい、けれどアニメーターになるにはどうしたらいいのか。体験談を交えながら紹介します。

トップ > 雑談 > 一人暮らし

一人暮らし

一人暮らしをしながら、アニメーターを初めている人を見るとすごいなぁと思います。
金銭的な問題もありますが、よほど精神力が強くないと難しいと思います。
スタジオで出会った同期も、普通ならば友達というより競争相手になるし・・・。
やはり気迫も違う気がします。


前のページに戻る
トップページ

コメント

1. 無題

エンピツさま。こんばんは、いつも楽しく拝見しております。
先からの記事で、金銭に関する問題は同業種の身として同感するところ多分にありまして少々コメントをば。
出来高にしろ縛り固定にしろ正当な報酬ではないなかな、というところは多々感じます。業界の仕組みをかんがみても、仕事のよしあしが産む売り上げが現場に返る仕組みができなければなんともいかないですよね。
アナログ時代からやっておられる先輩は新人のころは4人暮らしでやりくりしていたそうです。一人暮らしするすごさには同感です。
また同期・同僚は競争相手云々でもありますが同時に協力者足りえる存在かなぁとも感じられることも。
会社の場合は現場のチーフの考えで遅くても丁寧に・多少雑でも早く、と雰囲気が違うのかもしれませんね。個人的には手が遅いのは勘弁しほしいのですが、性質上の癖もありますし色々な個性があるなと思います。
丁寧さや速度が同時に得られれば一番よいですが。

2. RE:

nano さん
初めまして。コメントありがとうございます。

給料に関しては、考えさせられることが多いです。もちろん少ない事はアニメーターになる前から分かっていましたが・・・アニメーターのアニメに対す思いを上手く利用されてるのかなぁと思ってみたりしています。

私は作業速度に関しては、遅くて丁寧より、少々雑でも早くの方が分があるような気がします。
最初から早く丁寧にというのは難しいですが、カット数をこなせばこなすほど経験や反省が生まれて、結果早く丁寧にという道に乗れると思います。
いつも期限を気にせず、丁寧を理由に仕事をしている人もたまにいますが、結果締め切りに間に合わなくなり、手伝ってもらう事になっています。

今の現状では、手が早い人でないと、金銭関係で手詰まりになってしまいますね。

より多くの人がこの業界で生活できるような、良い方法が見つかればいいのですが。

ただいまコメントを受けつけておりません。

シェアボタン

記事が役に立ちましたら、
よろしければシェアをお願いします。

プロフィール

名前:
エンピツ

にほんブログ村 アニメブログ アニメーターへ

フリーエリア

PR