忍者ブログ

アニメーターになるには、アニメを制作するには。

アニメの制作に携わりたい、けれどアニメーターになるにはどうしたらいいのか。体験談を交えながら紹介します。

トップ > 雑談 > アニメーションという表現方法

アニメーションという表現方法

アニメーターを志望される方で、ある特定の作品が好きなことを理由にされている方が結構多い気がします。

ただ、アニメータになっても自分の好きな絵柄ばかり描けるわけではありません。
その事を不満に思ってしまうようだと、長くは続かないと思います。

ある特定のアニメではなく、ぜひアニメーションという表現方法を好きになっていただきたいと思います。

アニメーションはまだ開発されて約100年の比較的新しい表現方法です。
どんどん掘り下げて、自分なりの表現を見つけましょう。


前のページに戻る
トップページ

コメント

1. いいこと言った!

> ある特定のアニメではなく、ぜひアニメーションという表現方法を好きになっていただきたいと思います。

いいですね~実に良い言葉(^^♪

2. ありがとうございます!

恐縮です!!
お忙しい中、見てくださってありがとうございます。
また、リンクに快諾していただいた事、非常に嬉しかったです。
本当にありがとうございました。

3. そうですよね!

将来、アニメーターを目指している者です。私は、自分の好きなキャラクターでなくても、アニメーションを作ることができるなら是非やりたいと思っています。

Re:そうですよね!

アメさん
コメントありがとうございます。

そうですね。
キャラクターではなく、アニメーションをさせれる事でモチベーションを保てれば、常にいい仕事ができるのではないかと思います。
頑張ってください、応援しています。

ただいまコメントを受けつけておりません。

シェアボタン

記事が役に立ちましたら、
よろしければシェアをお願いします。

プロフィール

名前:
エンピツ

にほんブログ村 アニメブログ アニメーターへ

フリーエリア

PR