忍者ブログ

アニメーターになるには、アニメを制作するには。

アニメの制作に携わりたい、けれどアニメーターになるにはどうしたらいいのか。体験談を交えながら紹介します。

トップ > 絵を描く > 分かりやすいように描く

分かりやすいように描く

視聴者に分かりやすく、分かりやすくと考えていたら、ふと。影付けも結局一番物の形が分かるようにズバッとつけてしまえばいいのかぁと、思いました。よくよく見ると雑誌の版権絵とかそんな感じな気もしないでもない・・・。テレビアニメはどうだったか・・・。

影はあまり多くしないほうがいいのかなぁと思って、ちみちみつけていました。

簡単に言うと立方体を斜めから見たシルエットを、実線で描いて、自分の場合はちみっと変な影をつけていただけでしたが、3面見えるうちの1面くらいは全部影でズバッと塗ってしまうと形がハッキリ見えてくる。・・・って今考えると、至極当たり前すぎて泣ける。デッサンの授業で使った、面取りビーナスの存在意義がここに・・・。

一応記載しますが、影をほとんどつけないで立体感を出してる作品は沢山あります。その分アウトラインにはごまかしがききません。

すべてにおいて理解していた気になっていた事が、実戦で使えていなくて、以後再度理解するという悪循環。再度理解した気になっている事だって、正解という確証は無いですし。

ほんと、何も分かってないなぁ・・・自分。


静と動


前のページに戻る
トップページ

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

シェアボタン

記事が役に立ちましたら、
よろしければシェアをお願いします。

プロフィール

名前:
エンピツ

にほんブログ村 アニメブログ アニメーターへ

フリーエリア

PR