忍者ブログ

アニメーターになるには、アニメを制作するには。

アニメの制作に携わりたい、けれどアニメーターになるにはどうしたらいいのか。体験談を交えながら紹介します。

トップ > 絵を描く > キャラを似せることができない人は向いていない?

キャラを似せることができない人は向いていない?

「私は絵を描くのが大好きなのですが人の絵を真似るというのが上手くありません。なのでそういう人はアニメーターという仕事には向いていないのでしょうか?」
「また、アニメーターからアニメ監督やキャラクターデザインなどになることはできるのでしょうか?」

質問していただいたことを、こちらでお答えします。ただ、エンピツ個人の考えですので、これで確定せず、参考程度に受け取ってくれればと思います。

私はアニメーター(原画)は人の絵を真似るというより、画面構成を決定し、演技をさせるという印象があります。
キャラを似せるというのはもちろん必要ですが、それはまた特殊な技術で、皆がそれを習得出来ているのであれば作画監督は不要になってしまいます。
 

実際、作画監督の修正が入る前のレイアウトを見ると顔の比率等は合わせつつ、自分の絵柄で描いている方も多々見受けられます。なので、似せられないのではないかと思い悩むことはないです。経験を積むことで自然に身に付いていくこともあるはずです。
 

また、本当に自分のやりたいことであれば、たとえ向いていなくとも、やってみたいとは思いませんか?本当に・・・人生は一回なんで・・・。やりたいことはやっておいたほうがいいですよ。
 

監督やキャラデザに関してですが、逆にキャラデザはアニメーターでなければできないのではないでしょうか。最近漫画家がキャラクターデザインとか良く聞きますが、ほとんどがキャラ原案であって、アニメーターがそれを基にキャラクターデザインをしています。アニメーションの技術を知っていなければ出来ない役職だと思います。
 
監督に関してですが、アニメーターから演出に、そこから監督にという流れはあると思います。現実に作画方面から監督になられた方もおられます。また制作進行から演出、監督というコースもあるようです。どちらかというとこちらの方がが主なようです。

何にしても、mameさんの若さはうらやましいばかりです。まだまだ可能性が詰まっています。アニメーターにかぎらず、絵を描くことが好きな気持ちが生かせる場所が見つかればいいですね。

 頑張ってください。応援しています。


分かりやすく表す


前のページに戻る
トップページ

コメント

1. ありがとうございました

忙しいなか丁寧なお返事ありがとうございました。

前よりは仕事に対しての不安が減りました。

エンピツさんの言葉を参考にもう少し考えてみたいと思います。


また気になることがあったら質問するかもしれません。

励ましの言葉ありがとうございました。

2. 今

今この記事などを見てすごくアニメーターになりたいと思いました、絵を描くのは好きだし、座ってやる作業は向いていると思うし、給料が安くたってそれでも俺は好きでやっているだろうから本当に目指したい職業になりました。
今までは工業系を目指していたんですがしっくり来なかったんです。

返答貰えたら幸いです。
ちなみに中3男子です。

Re:今

ryoさん

ブログを読んでくださりありがとうございます。
記事がお役に立てる内容になっていれば嬉しいです。
中3とは若いですね。
とにかく今はアニメに限らず、多くのものに興味を持って取り組み、視野を広げていってください。
それがアニメーターになったときの力になると思います。

ただいまコメントを受けつけておりません。

シェアボタン

記事が役に立ちましたら、
よろしければシェアをお願いします。

プロフィール

名前:
エンピツ

にほんブログ村 アニメブログ アニメーターへ

フリーエリア

PR