忍者ブログ

アニメーターになるには、アニメを制作するには。

アニメの制作に携わりたい、けれどアニメーターになるにはどうしたらいいのか。体験談を交えながら紹介します。

トップ > アニメ制作 > 手の早さ

手の早さ

クォリティを高めることを理由に、作業が遅い人とかまれにいるけれど(とりあえず動画くくりで)。逆にそれは作業が早い人にこそ権利があるのではないかと思います。

もちろんクォリティが高いに越したことはないのだけれど、どうも締め切りを守るというほうが重視されている感じがします。でないとわざわざ海外に送ったりしないはずですし。

時間かけてる割に・・・というのもありますし、上手い人は悩むところがないから(作画面で)。結果、作業が早いというこれ道理・・・だと思います。



作業の意味を再確認


前のページに戻る
トップページ

コメント

1. 質問です

初めまして。mameと申します。

質問したいことがありコメントさせていただきました。

私は現在高二でアニメ関係の仕事に興味があります。(まだはっきり決めているわけではないです…)

質問というのは、私は絵を描くのが大好きなのですが人の絵を真似るというのが上手くありません…なのでそういう人はアニメーターという仕事には向いていないのでしょうか?

また、アニメーターからアニメ監督やキャラクターデザインなどになることはできるのでしょうか?


つたない文章で申し訳ありません。

いつでもいいのでお返事頂けたら幸いです。

ただいまコメントを受けつけておりません。

シェアボタン

記事が役に立ちましたら、
よろしければシェアをお願いします。

プロフィール

名前:
エンピツ

にほんブログ村 アニメブログ アニメーターへ

フリーエリア

PR