忍者ブログ

アニメーターになるには、アニメを制作するには。

アニメの制作に携わりたい、けれどアニメーターになるにはどうしたらいいのか。体験談を交えながら紹介します。

トップ > アニメ制作 > 原画作業経験後の考え方の変化

原画作業経験後の考え方の変化

先月くらいから、レイアウト(第一原画)を切らせてもらえるようになったのですが・・・。自分の下手さに驚きを隠せません。むぁーーーったく描けない・・・むぅ。

話は変わりますが、二原(第二原画)を経験してからの動画作業、レイアウトを経験してからの動画作業ってかなり考え方が変わります。なんというか、思い切りが良くなります。何だかんだ言って結局動画マンの時は、絵を立体としてではなく、平面として捉えてしまっていた気がします。

また、原画は絶対で、何一つ変えてはいけないのだという思い込みもありました。明らかに形が変だったりするところは、動きに影響が出ない程度の微修正くらいは、動画でもしていいと思います。動画と二原を平行してアニメーターを始められたら、色々と楽になれる部分が出てくると思いますが、そう簡単では無いんだろうなぁ。


キャラ表活用


前のページに戻る
トップページ

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

シェアボタン

記事が役に立ちましたら、
よろしければシェアをお願いします。

プロフィール

名前:
エンピツ

にほんブログ村 アニメブログ アニメーターへ

フリーエリア

PR