忍者ブログ

アニメーターになるには、アニメを制作するには。

アニメの制作に携わりたい、けれどアニメーターになるにはどうしたらいいのか。体験談を交えながら紹介します。

トップ > アニメ制作 > 作業の意味を再確認

作業の意味を再確認

レイアウトを経験して初めて2原の意味や、必要性に気付いた・・・様な気がします。動画から2原になった時と全く同じ気分です。やはり、先の工程を理解しないで、その後の工程に取り掛かるのは無理があるような・・・。一度すべてを体験できる機会があればいいのですが・・・、結局動画からでも自作をしている人が強いのかなぁ。

レイアウトは画面の設計図です。パース・背景・キャラクターの配置・エフェクト・動き・タイミング・カメラの操作・セル分け等など、その画面に必要なパーツを選択して配置します。あくまでも基本のようなものであって、下描きです。

レイアウトの時点で書き込みすぎても、監督や演出の意図が違うものであれば、すべてを描き直すことになり、その後の作業に支障が出ます。

その監督や演出の意図を汲んで、レイアウトに合うようにつじつまを合わせ、且つ、絵・動き共にクォリティをUPするのが2原です。原画がどのような画面を作りたかったのか、どのような演技をさせたかったのか。それを意識しつつ演出の指示に合わせて、最終的な画面を作り上げる。そんな仕事だと今は思っています。

レイアウトの線を完全になぞるだけなら0点です。まさに動画の原画トレスと同じ。2原は影をつけるだけの仕事ではありません。最初は無理でも、努力してレイアウト以上のクォリティに仕上げる。それに必要になってくるのが、またもやキャラ表になってくるわけで・・・。

もっと早く気づけなかったものなのか・・・。まだまだ理解できていないことが多いです。頑張らないと。



レイアウト作業後反省


前のページに戻る
トップページ

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

シェアボタン

記事が役に立ちましたら、
よろしければシェアをお願いします。

プロフィール

名前:
エンピツ

にほんブログ村 アニメブログ アニメーターへ

フリーエリア

PR