忍者ブログ

アニメーターになるには、アニメを制作するには。

アニメの制作に携わりたい、けれどアニメーターになるにはどうしたらいいのか。体験談を交えながら紹介します。

トップ > アニメ制作 > レイアウト作業後反省

レイアウト作業後反省

作業を終え、沢山ある反省を忘れないうちに・・・。

コンテを読む読む読む読む読む読む読む。
演出意図を読み取る。
1カットで見ないで全体で見る。

せめて一秒の感覚をしっかりと身に付ける。

演技力をつける。
ただキャラにものを食べさせるだけでも、上手い下手がハッキリ出てしまう。出過ぎる。
これからはアニメ作品を違う目で見ていかなければと思いました。
もちろん内容も楽しみますが。
表情作画、ライティング。

画面構成
背景、キャラの配置、パース、構図。
見ている人に伝わりやすい画面作り。
今のところこれが一番謎。

手を込ませたければ、最低限の枚数で、一枚一枚の密度を上げる。
無駄な演技、変な個性を出さない。
その一枚を足すことで動画枚数が増える。
本当にそれは、必要な演技なのか、その枚数を回すべき重要なカットが他にないのか。
逆に省いてはいけない動きは絶対に見逃さないようにする。

二原とレイアウトは、またまた線が違う。

次からは、絵コンテに思ったことや作画メモをびっしり書き込んでみようと思います。


原画経験後の変化


前のページに戻る
トップページ

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

シェアボタン

記事が役に立ちましたら、
よろしければシェアをお願いします。

プロフィール

名前:
エンピツ

にほんブログ村 アニメブログ アニメーターへ

フリーエリア

PR