忍者ブログ

アニメーターになるには、アニメを制作するには。

アニメの制作に携わりたい、けれどアニメーターになるにはどうしたらいいのか。体験談を交えながら紹介します。

トップ > アニメーターになるには > 理想を持って、それを忘れない

理想を持って、それを忘れない

「私はアニメーターではなく制作進行を目指しているのですが、エンピツさんにとってどんな制作さんが良い制作さんだと思われますか? 」

「私は、クリエイターの方と信頼関係があって、でも締めれるところは締めれれるような関係が築けることが重要だと思うのですが、現場の経験がないので、いざ面接等でそれをアピールしてもなにか理想論のような気がしてしまいます。 」


ご質問に関してですが、申し訳ない事に制作進行に関しては、質問にお答えできるほどの知識をまだ持ち合わせておりません。下手な返答をしてしまう事もありえますので。この件に関する返答は出来かねます。


ただ一つ、理想を持つことは悪いことではないです[エンピツの独断ですが・・・]。何の目的も向上心もなく仕事をすることは、本当に味気ない事だと思います。採用する側も「純粋に生活費を稼ぐために来ました」と言われても、それはそれでつまらないでしょうし。


もし制作進行に関することで分からないこと、知りたいことがあれば、制作会社のHPには大抵質問等を受け付けるアドレスがあるので、そちらに質問を送ってみたらいかがでしょう。

複数の質問を箇条書きにして、多くの会社に同様の文章を送ってみるとか・・・。質問に対する対応の早さや、それぞれの会社の返答に若干の違いが出てくるはずです。それぞれの会社の指針を理解し、その中で自分の考えに近い会社があれば、そちらに、より細かな質問をぶつけていけば、心構えや、今から準備しておく必要のあるもの等、詳しく分かるのではないかと思います。


今回は私の知識不足で直接的な返答をすることは出来ませんで、申し訳ないです。


今考えている、思いや理想を忘れないでください。制作進行になって、思い悩んだとき、自分がどこに向かって進むべきなのかをハッキリと思い出すことが出来れば、道を外れることなく、まっすぐ理想に向かって進んでいけると思います。


頑張ってください。応援しています。


制作進行の仕事について詳しくはこちら


就職活動


前のページに戻る
トップページ

コメント

1. ありがとうございました。

返信が遅くなり申し訳ありませんでした。

とても丁寧にお答えいただきありがとうございました。
とても参考になりました。

先日無事内定をいただくことができました。
最終面接を前に自分がなぜその職種を目指しているのかがわからなくなり、考えすぎて迷走していたのですが、エンピツさんの言葉でずいぶん救われました。

クリエイターの人が少しでも働きやすい環境を作れるように努力したいと思います。

いつかどこかでエンピツさんに是非お会いしてお礼を言いたいです。
本当にありがとうございました。

2. 書き忘れました。

お仕事大変だと思いますががんばってください!
応援しています。

ただいまコメントを受けつけておりません。

シェアボタン

記事が役に立ちましたら、
よろしければシェアをお願いします。

プロフィール

名前:
エンピツ

にほんブログ村 アニメブログ アニメーターへ

フリーエリア

PR