忍者ブログ

アニメーターになるには、アニメを制作するには。

アニメの制作に携わりたい、けれどアニメーターになるにはどうしたらいいのか。体験談を交えながら紹介します。

トップ > アニメーターになるには > 作品集の作り方(模写・デッサン・パース)

作品集の作り方(模写・デッサン・パース)

合格するための作品集(ポートフォリオ)は、どのような形式がいいのか。
この件に関しては、私も全然見当がつかなくて、専門学校の頃も友達とよく議論したものです。

今回この件について私の考えを記載いたしますが、注意していただきたいことがあります。ここに記載する内容は、あくまで就職希望者側だった頃の私の考えであって、実際のアニメ会社での判断基準は全く分かりません。参考程度にされることをお勧めします。結局は自分自身のやり方で、自分をアピールできればそれが一番いい方法です。


作品量(ページ数)


私の場合はクロッキー帳一冊が自分で決めた基準でした。以前の記事で書きましたが、私は2箇所のスタジオに作品を提出しています。そのどちらでも、作品は一冊でしたが、少ないとも多いとも言われませんでした。

結構いい単位ではないかと思います(3分くらいで見てもらえて時間もとりません)。あるスタジオで採用担当の方に聞いた話なのですが、コピー用紙一枚にラクガキのようなものを描いて持ってきた方もいたらしいです。そのような方法は印象が悪いですので避けたほうがいいと思います。

クロッキー帳の他に、コピー用紙に作品を描いてファイルに入れたり、スケッチブックを使う等の選択肢もあります。
そのなかでなぜクロッキー帳を選んだかというと

1、ページ数が多い割にコンパクトに纏められる
2、何といっても気軽(コピー用紙やスケッチブックだと気が張ってしまって・・・)
3、一冊描ききった後の達成感がある(一冊描ききるごとに自分が成長している実感を感じられます)

またスケッチブックと違い、気に入らない作品を気軽に切り離せるというのもあります。スケッチブックは切り離していく内に、どんどん薄くなっていってしまうのですが、クロッキーならボリュームはそれほど変わらない気がします。



作品の種類


まずどこでも言われたのが「カラーを見せられてもしょうがない」。良くは分かりませんが、作画においては色を選ぶ能力は必要ないということではないかと思います。専門の彩色や色指定の方がおられますし、そんなことしている時間に、もっとすべきことがあるだろうという雰囲気でした。

まず、すべての事に共通する大前提は、線を整えることです。ガシガシ真っ黒になるまで描いていても能力は伝わりません。最終的には必ず一本の綺麗な線で整えましょう。そのために私は水色の色鉛筆で下書きを描き、鉛筆でクリンナップするという方法を使っていました。また、トレス台を使うのも手だと思います。

それでは本題に・・・

基本は模写・デッサン・パースです。

ただ一般的な意味とは違う場合があります。
考え違わないように注意してください。


●模写


一般ではうまい人の絵を写し取るという印象があります。ただアニメ的には、似せれるかということだと私は考えています。アニメーションで、キャラクターの顔がずっと一定の方向を向いていることなんてありません。さまざまな角度から見た対象を描ける力、それが求められています。

作品として提出するものとしては、実際テレビアニメーションで使われているキャラ(全身や顔のUP)を様々な角度で、なおかつ似せて描くことが効果的だと思います。もちろん有名な作品の方が見る側も能力が読みやすいと思います。この項目ではオリジナルのキャラはお勧めしません。他人には判断のつけようがありませんので。


●デッサン


何時間もかけて描きあげるようなものではなくて、いわゆるマンガデッサンです。デッサンは対象物を見ながら描きますが、アニメのようなキャラクターや世界は実際には存在しない場合が多いです。つまり見ずとも対象物を頭の中で作り上げ、紙の上に移す能力です。難しそうに聞こえますが、簡単に言うと、誰かにポーズをとってもらわなくても想像でそれらしく描ければいいのです。

そのために私が勉強したのが解剖学です。骨格や筋肉図を頭の中に入れておけば、非常に効果的だろうと考えました。それを崩していくと、参考書で良く見る立体で形をとる方法になります。

顔は卵形でアタリを取るとか、体を薄い板に例えたりする方法です。これに関しては一般的なキャラではなくて、オリジナルの方が適しています。私はすべて裸で描きました。着衣は描かなくても肉体の描きかたでその能力は判断してもらえたはずです。服はもう一枚の皮膚のようなもので、裸体が上手く描けるようになると、不思議とシワの意味、現れる場所も理解できます。


●パース


必ず一枚は入れてください。私はクロッキー帳の間に、一枚だけパースをつけた絵を描いたコピー用紙を入れました。パースの基礎は理解しています、という事が伝わればいいと判断しました。

そんなにパースをきかせた絵を何枚も入れても、逆に粗が見えそうだったので、絶対にパースを崩さないように気合を入れて描いた一枚です。私は時間が無くてできなかった事なのですが、紙の真ん中に3点透視の立方体を描いて、その六面すべてにパースをつけた人物(同一)を描く。単純ですが、成功していればインパクトがあると思います。

さて、これらの事は、あくまでも私の考えです。結局は自分自身で考え、決めていかなくてはなりません。リアルな犬が描けるとか、激しい爆発が描けるとかでも、きっと興味を持ってもらうことは出来るでしょう。自分自身に合ったアピールの方法を見つけてください。


当時の参考書籍


●スーパーマンガデッサン
 

絵・松本剛彦 森田和明 文・森晃
スーパーマンガデッサン―作画のための考えるデッサン
マンガデッサンという言葉を知ったのはこの本からでした。

●快描教室 comickers MOOK 
菅野博士
快描教室プラス(+) (Comickersテクニックブック)
総合的に物凄く役に立つ本です。
人体の描き方・構図・パース・動き・デフォルメ・キャラデザ。

●人物画の基礎技法 
J.レインズ
人物画の基礎技法 (絵画技法入門書シリーズ)
難易度は高いですが理解できれば力になります。


●パース!マンガでわかる遠近法 
デヴィット・チェルシー 著
パース!―マンガでわかる遠近法
マンガで分かるに越したことは無いだろうと安易な気持ちで買いましたが、
勉強になりました。

●人を描くのって楽しいね 人物画の描き方 
中村成一
人を描くのって楽しいね!―マンガのための人物デッサン― (廣済堂マンガ工房) 人を描くのって楽しいね!衣服編 (廣済堂マンガ工房) 人を描くのって楽しいね! 顔・頭 編 (廣済堂マンガ工房)
上記の人物画の基礎技法で四苦八苦している時に、辞書のような役割を果たしてくれた本です。ネットでも詳しく解説をしてくれていますので、HPをリンクに加えておきます。
一見の価値はあります。


アニメーターになる前の勉強配分


前のページに戻る
トップページ

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

シェアボタン

記事が役に立ちましたら、
よろしければシェアをお願いします。

プロフィール

名前:
エンピツ

にほんブログ村 アニメブログ アニメーターへ

フリーエリア

PR